みんなのページ (小学部4年)

 日々の学習の成長を
2017/11/02
 国語の学習では、シドニー日本人学校の魅力を伝えるためにリーフレットを作りました。一人一人が原稿を考え、パソコンで入力して素晴らしい作品に仕上げることができました。出来上がった作品はファンフェアで多くの人に読んでもらうことができました。班の友達と考えを出し合う経験を通して、友達の考えを聞く大切さも学んでいました。
 10月から音楽の授業と休み時間を使ってスクールコンサートの練習をしています。合奏では、なかなか音が合わずに苦労していましたが、少しずつ音がそろってきて成長を感じています。本番は素敵なハーモニーを奏でてくれることでしょう。

 挑戦の2学期
2017/09/27
 新しい友達を迎えて17名で元気いっぱいに生活してきた2学期が今日で終わりました。クロスカントリーやインターナショナルスポーツデーでは、自分の記録を伸ばすために練習に励んだり、国語では難しい文学作品の暗唱に取り組んだりと一人一人が挑戦し、成長することができた学期となりました。
 2学期の後半には、4月から育てた野菜を収穫し、豚汁を作りました。野菜を切るところから片付けまで自分たちの力で行うことができました。「今まで食べた味噌汁の中で一番、おいしい。」と、5杯おかわりをしている子もいました。
 先日行われた日本語学習発表会では、発表会が終わると、クラス全員が自主的にホールに残り、椅子の片付け、フロアに残ったテープをとる姿がありました。みんなのことを考えて働く姿に感動しました。来学期もこうした子どもたちの素敵な姿を多く見つけていきたいと思います。


 一人ひとりが輝いた クロスカントリー
2017/08/11
 8月5日。クロスカントリー大会が開催されました。
 この日に向けて、体育や休み時間を使って練習してきました。体育では、毎回タイムを測って、自分の目標記録を意識して練習しました。また、休み時間には、自主的にオーバルを走って練習する姿が多く見られました。この日までに100周以上も走って練習した子もいました。
 大会当日は、練習の成果を出そうと、どの子も最後まで全力で走りぬき、多くの子が自己ベストタイムを出すことができました。子どもたちは、「つらかったけど、達成感があった。」、「練習したら、よい結果が出ることが分かった。」と充実感いっぱいの表情で振り返ってくれました。多くのことを学んだクロスカントリーになったようです。
 自分が走り終わった後は、一生懸命に友達のことを応援するY4の優しい姿に今後への期待が膨らみました。
 

 遠足に行ってきました
2017/06/30
 6月9日(金)、Jewish Museum、St Patricks Churchへ遠足に行きました。係の人の話を真剣に聞いたり、印象に残ったことをメモを取ったりする姿に「学ぼう」という意欲を感じました。子供たちは、「ヘブライ語で自分の名前を書くことができて楽しかった。」、「自分の知らない世界があることを知れてよかった。」という感想をもっていました。

 TERM1からTERM2へ
 今学期、Y4-1の子供達は、あらゆる活動に元気いっぱい取り組みました。低学年が困っている時はさっと動いて助けたり、友達に優しくしたりする姿に高学年としての自覚を感じることができた学期でした。2学期の成長も楽しみです。

 一人ひとりが輝いたスポーツデー! 
2017/06/01
 5月27日、爽やかな秋晴れの中、スポーツデーが開催されました。4年生は、大玉送り、80m走、綱引き、グルグル台風、エイサー、リレー(選手)に出場しました。どの競技に対しても、最後まで全力で取り組みました。
 特に、エイサーでは、休み時間の自主練習に積極的に参加したり、踊りが分からない友達に、教室で教えたりと意欲をもって取り組みました。また、全校練習の際は、前に出て応援を盛り上げたり、準備や片づけを進んで行ったりする姿に高学年としての自覚を感じました。本番では、14人全員が息をそろえて大きく動き、とても格好良い姿を披露することができました。
             〜子どもたちの俳句より〜
   
       ・スポーツデー ぼくらの戦場 オーバル2
       ・秋は赤  赤の気持ちで  優勝だ
       ・がんばった みんなの顔に  描かれてる

  Previous page <<− ページが存在する場合に限って左右のリンクがアクティブになります −>> Next page  

 
 
Page top