みんなのページ (小学部4年)

 一人ひとりが輝いた クロスカントリー
2017/08/11
 8月5日。クロスカントリー大会が開催されました。
 この日に向けて、体育や休み時間を使って練習してきました。体育では、毎回タイムを測って、自分の目標記録を意識して練習しました。また、休み時間には、自主的にオーバルを走って練習する姿が多く見られました。この日までに100周以上も走って練習した子もいました。
 大会当日は、練習の成果を出そうと、どの子も最後まで全力で走りぬき、多くの子が自己ベストタイムを出すことができました。子どもたちは、「つらかったけど、達成感があった。」、「練習したら、よい結果が出ることが分かった。」と充実感いっぱいの表情で振り返ってくれました。多くのことを学んだクロスカントリーになったようです。
 自分が走り終わった後は、一生懸命に友達のことを応援するY4の優しい姿に今後への期待が膨らみました。
 

 遠足に行ってきました
2017/06/30
 6月9日(金)、Jewish Museum、St Patricks Churchへ遠足に行きました。係の人の話を真剣に聞いたり、印象に残ったことをメモを取ったりする姿に「学ぼう」という意欲を感じました。子供たちは、「ヘブライ語で自分の名前を書くことができて楽しかった。」、「自分の知らない世界があることを知れてよかった。」という感想をもっていました。

 TERM1からTERM2へ
 今学期、Y4-1の子供達は、あらゆる活動に元気いっぱい取り組みました。低学年が困っている時はさっと動いて助けたり、友達に優しくしたりする姿に高学年としての自覚を感じることができた学期でした。2学期の成長も楽しみです。

 一人ひとりが輝いたスポーツデー! 
2017/06/01
 5月27日、爽やかな秋晴れの中、スポーツデーが開催されました。4年生は、大玉送り、80m走、綱引き、グルグル台風、エイサー、リレー(選手)に出場しました。どの競技に対しても、最後まで全力で取り組みました。
 特に、エイサーでは、休み時間の自主練習に積極的に参加したり、踊りが分からない友達に、教室で教えたりと意欲をもって取り組みました。また、全校練習の際は、前に出て応援を盛り上げたり、準備や片づけを進んで行ったりする姿に高学年としての自覚を感じました。本番では、14人全員が息をそろえて大きく動き、とても格好良い姿を披露することができました。
             〜子どもたちの俳句より〜
   
       ・スポーツデー ぼくらの戦場 オーバル2
       ・秋は赤  赤の気持ちで  優勝だ
       ・がんばった みんなの顔に  描かれてる

 4年生修了!
2017/03/17
 3月9日。6年生を送る会がありました。4年生は、なつかしの「ひげダンス」を披露しながら、6年生へメッセージを送りました。ひげを装着して踊り始めた瞬間、会場から歓声が上がりました。(1番喜んでいただいたのは保護者の皆様でしたが)楽しい雰囲気でお世話になった6年生を送り出すことができました。

 3月17日。4年生が修了しました。8名でスタートした4年1組でしたが、最後は4名まで減ってしまいました。しかし、いつも明るく元気いっぱいで、毎日みんなで大笑いしながら過ごしました。お別れ会では毎回恒例のランチ作りをしました。今回はミートソースパスタを作りましたが、大変手際よく自分たちで分業し、お昼の時間前に食べ始めることができました。とっても美味しいランチから、子ども達の成長を感じました。1年間、どんなことにも一生懸命、真剣に取り組むことができました。誰かの頑張りや成功を素直に認め、互いにほめ合うこともできました。本当に素敵な4人組でした。4月からは離れ離れになってしまいますが、仲良し4人組の友情がこれから先もずっと続くことを願っています。

 2分の1成人式
2017/03/03
 2月21日(火)、今年度最後の授業参観で「2分の1成人式〜本日のスペシャルコース〜」を行いました。
 事前に「日本では20歳で大人の仲間入りをする。10歳は生まれてから20歳までのちょうど半分の節目の歳だ。これからの10年間のこと、これまでの10年間のことを考えてみよう」と子どもたちに話題を投げかけました。そして、成人式の内容を子どもたちと何度も話し合いを重ねて決めました。式を行うにあたり、彼らが自分たちで考えて、お家の方へ送った言葉を紹介します。
・ニコニコ笑顔だけではありません。泣いたり、けんかしたり、なやんだりした分だけ大きくなりました。
・この10年間、家族と友達がいつでも近くにいてくれました。
・簡単そうに見えても、はじめからできることはないと気づきました。
・歩くときも、自転車のときも最初は両親の手につかまっていました。
・お父さん、お母さん、これからの10年間もたくさんけんかしておこって応援してください。
 そして、一緒に笑ってください。
・お父さん、お母さん、これからの10年間もよろしくお願いします。

 温かい素敵なご家庭に育ち、それに対して感謝の気持ちをもつことができていることに感動しました。大人になるまで、あと10年。家族や周囲の方々の温もりを糧として、夢や目標に向かって1歩ずつ歩んでいってほしいと思います。

  Previous page <<− ページが存在する場合に限って左右のリンクがアクティブになります −>> Next page  

 
 
Page top